TOP > 講師紹介 > 金沢 昭奈(Kanazawa Akina)

講師紹介Teacher

金沢 昭奈(Kanazawa Akina)

学科

経歴
愛知県立芸術大学ピアノ科を首席で卒業、同大学院修了。
2010年よりフランスへ渡り、ジュヌヴィリエ地方国立音楽院室内楽科、スコラ・カントールムピアノ上級課程、ボビニー地方国立音楽院ジャズピアノ科をすべて審査員満場一致の一等賞で卒業。
ピアノを大森静香、笹嶋玉緒、藤井博子、笠間春子、西川秀人、ヴァディム・サハロフ、室内楽を北住淳、上田晴子の各氏に師事。
渡仏後はクラシックピアノをT.パラスキヴェスコ、ピアノ連弾をJ.M.ルイサダ、室内楽をJ.C.ブブレス、ジャズピアノ・作曲・編曲をV.ヴェンツァキヌの各氏に師事。
独自の世界観を持つボーダーレスなピアニストとして、日本とフランスを行き来しながら9年間ヨーロッパを中心に活動。
2019年完全帰国。各地で活動中。
学位・業績等
シャトー国際ピアノコンクール日仏友好特別賞受賞、ベランコンクールピアノ部門第1位、レ・ゼトワールコンクール室内楽部門優勝、フランス国際音楽コンクールディプロムコンセール部門第二位、連弾部門第一位など、多くの国際コンクールで受賞を重ねる。 ブラッドショウ&ブオーノ国際ピアノコンペテションピアノデュオ部門にて一等賞を受賞し、ニューヨークカーネギーホールにてデビューリサイタルに出演するほか、フランス・イタリア・オランダ・ポルトガル各都市の演奏ツアーや音楽祭にて演奏活動を行う。 これまでにピアノ連弾、室内楽、ピアノとドラムのデュオ、ピアノソロによる4枚のCDをリリース。自身の作品が日本、フランス、ポルトガル、オランダ、イギリスにて演奏され、楽譜も出版されている。ダンサーやアーティストとのコラボレーションも積極的に行っている。 2018年とよしん育英財団より教育文化奨励賞を授与される。 2019年ピアノソロアルバム「奏でる未来(あした)」をリリース。 同年名古屋文理大学文化フォーラム大ホールにて「ラプソディー・イン・ブルー」をオーケストラと共演。
得意分野
フランス音楽、ショパン、ブラームス 器楽伴奏、アンサンブル全般 ジャズアレンジやクラシック作品のオマージュ 作曲、即興演奏 ポピュラー音楽をはじめとした多様な音楽ジャンルの演奏
趣味
旅行(温泉地や滝など) 
カフェ巡り
様々なジャンルの音楽鑑賞
きのこや猫のオブジェを集める  
宇宙やスピリチュアル系の書籍を読む
旅行(温泉地や滝など) 
カフェ巡り
様々なジャンルの音楽鑑賞
きのこや猫のオブジェを集める  
宇宙やスピリチュアル系の書籍を読む
メッセージ
趣味で楽しまれる方も専門的に学ばれる方も、ピアノレッスンを通じて発見できることは、自身の人生をより豊かで幸せなものにしてくれると思います。今まで積み重ねてきた様々な経験を活かしながら、皆さんと一緒に「音楽」という芸術をより深く味わい、テクニックや音楽性を磨くお手伝いができますと幸いです。
オフィシャルサイト
https://ameblo.jp/pipopakina/