TOP > 講師紹介 > 石橋 真利子(Ishibashi Mariko)

講師紹介Teacher

石橋 真利子(Ishibashi Mariko)

学科

経歴
3 歳よりピアノを始め、絶対音感を身につける。
南山大学外国語学部英米学科卒。言語学・論理学専攻。
高校生のとき初めて聴いたビリー・ホリデイの歌声に魅了され、大学在学中からマース矢島氏(ニューヨーク音楽院ピアノ科講師・米国音楽家組合正会員)にジャズヴォーカルを師事。
大学卒業後、出版社に就職。Esquire 日本版や大学広報誌などの編集に関わる。
その後独立し、フリーライターとして企業の出版物の企画、編集、ライティングまでを行う傍ら、2003 年よりジャズ・ポピュラーヴォーカリストとして活動を開始。名古屋市内ライブハウスやイベントなどに出演。
そのほか弾き語り、歌伴奏者としても活動。レパートリーは、ポピュラー、ジャズ、ボサノヴァのほか、歌謡曲、演歌など幅広いジャンルを担当する。
2004 年より、朝日カルチャーセンター「英語で歌うスタンダードナンバー」講座講師をつとめる。現在は中日文化センター、毎日文化センター、平尾昌晃ミュージックスクール講師もつとめる。
2008 年より個人レッスンのスタジオとして、Vocal Lesson Studio Honeysuckle を運営。ジャズ、ポピュラーなどの歌唱指導だけでなく、英語をはじめ、原語でのボサノヴァ、フレンチポップスなど語学面からの発音指導、ボイストレーニング、音感トレーニングなどを行う。
2010 年 US カリフォルニア州のスタンフォード大学Stanford Jazz Residency に参加。ヴォーカリストDena Derose・Madeline Eastman、ピアニストのFred Hariss に師事。Singer as instrumentalists コースでインプロヴィゼイションを学ぶ。そのほかバークリー音大のJazz Voice、R&B、Pops& Rock コースに参加など自己研鑽も進めている。