TOP > 講師紹介 > 小坂井 貴子(Kozakai Takako)

講師紹介Teacher

小坂井 貴子(Kozakai Takako)

学科

経歴
愛知県立芸術大学音楽学部声楽専攻卒業。(同大学院修士課程修了)
1984年5月、第1回リサイタル開催。1984年6月、イタリア留学。ミラノ、ヴェルディ音楽院に入学。
イタリア留学中の1985年7月、第4回“カルロ・コッチャ”国際声楽コンクール入賞者によるコンサート(オルタ湖)に出演。同年12月、クワットロ・モーリ劇場(トスカーナ)におけるオペラ「ラ・ボエーム」(ミミ)に主演。その他、イタリアを中心にスイス、フランスの劇場や協会にて数多くのコンサートに出演。この間に数々のコンクール(カルロ・コッチャ、ベッリーニ、ベニアミーノ・ジーリ、パヴィア)に入賞。
1988年7月、名古屋市民会館自主企画オペラ「ラ・ボエーム」(ミミ)に主演。
1989年2月、名古屋市文化振興事業団企画オペレッタ「メリー・ウィドゥ」(ハンナ)に主演。
1992年10月、名古屋市民芸術祭オペラ「トゥーランドット」(原語上演、リュー)に出演。
第2回日本クラシック音楽コンクール第1位及びグランプリ受賞。
現在までに8回のリサイタル開催(電気文化会館ザ・コンサートホール)。
又、老健、特養等各施設や緩和ケア病棟で、音楽療法のセッションを実施。
田村つや子、(故)小島琢磨、荒 道子、L・グアリーニ、L・バラジョーラ、佐藤康子の各氏に師事。
現在、名古屋音楽学校講師、Gioia bis 会主催。
得意分野
イタリアオペラ発声、分析、伴奏
趣味
神社巡り
メッセージ
楽しみ、趣味から専門的理解迄、より正しい音楽を求めて興味深く、楽しくレッスンできる様努めます。