TOP > 講師紹介

講師紹介Teacher

コース・科目を選択ください

  • 奥村 晃平(Okumura Kohei)

    学科

    経歴
    【特別講師】
    愛知県芸術大学声楽科卒業及び大学院修了。ウィーン国立音楽大学リート科卒業、同大学特別生修了。
    帰国後、ローマにてベルカント唱法を研鑽。1977年モーツァルト「魔笛」のパパゲーノ役でオペラデビューし、オペラ「ドン・ジョヴァンニ」「セヴィリアの理髪師」等のタイトルロールを多数演じ、高い評価を得ている。
    ウィーン・シェーンブルン歌劇場にて「フィガロの結婚」の伯爵役で出演する他、2002年、2005年とローマ夏の音楽祭にて招聘されマルチェルロ野外劇場にてリサイタルを開き好評を得る。
    日本歌曲コンクール第2位、ウィーンでの声楽コンクール第2位、平成13年度東海地方を代表するバリトン歌手として高く評価され、愛知県芸術文化選奨文化賞を受賞する。
    シューベルト「冬の旅」「美しき水車小屋の娘」のCDをリリース。
    愛知県立芸術大学、名古屋音楽大学に後進の指導を経て、現在、名古屋外国語大学講師、名古屋音楽学校講師、日本演奏連盟会員、日本歌曲振興会会員、全日本学生音楽コンクール審査員。
    名古屋二期会会員・理事長
    メッセージ
    ベルカントのテクニックの修得により、呼吸法、発声の上達を目指し、歌をより楽しく、自信を持って歌っていただきたい!
  • 笠置 陽子(Kasagi Yoko)

    学科

    経歴
    愛工大名電高校卒業。

    名古屋芸術大学音楽学部器楽科(フルート専攻)卒業。卒業演奏会出演。

    同大学研究生修了。研究生修了演奏会出演。

    フルートを故永長次郎氏に師事。
    オーケストラ・吹奏楽を故松井郁雄氏に師事。
    淡路島ロイヤルグレースアカデミー工藤重典マスタークラスに2度参加。

    東海地方を中心に、宗次ホール主催ランチタイム名曲コンサート、デュオリサイタル「イタリアの風 フランスの香り」などのクラシックコンサートに多数出演、またソリストとして吹奏楽楽団と多数共演する傍ら、マルチフルートプレイヤーとして様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションライブ・コンサートを企画・開催し好評を得る。 

    日本フルート協会会員。
    名古屋笛の会会員。
    メッセージ
    フルートを通じて 皆様の人生が よりカラフルなものになりますように♪
  • 可知 奈尾子(Kachi Naoko)

    学科

    経歴
    愛知県立芸術大学音楽学部作曲科卒業、同大学大学院修了。
    桐朋学園大学科目等履修生修了。
    名古屋芸術大学・芸術学部芸術学科、音楽領域 准教授。

    出版物
    ・コンサートピースコレクション 夢のおはなし
    ・こどもたちへ メッセージ
    ・こどものピアノ小品集 こどもたちへ メッセージ
    ・24人の作曲家によるピアノ小品集 こどもたちへ メッセージ2015 どうぶつ編 2
    ・発表会用ピアノ曲集 カードマジック 中級
    メッセージ
    「音楽」の素晴らしさは、幼少期から私自身が身を持って感じていることでもあります。
    これからも、年齢を問わず、その音楽の楽しさと素晴らしさを多くの人々に伝え、社会貢献へ繋げてゆきたいと考えています。
  • 加藤 章代(Kato Akiyo)

    学科

    経歴
    武蔵野音楽大学 音楽科卒業
  • 加藤 教子(Kato Noriko)

    学科

    経歴
    愛知県立芸術大学卒業、同大学大学院修了
    弦楽四重奏「ヴィオレット・クァルテット」メンバー。
    現在、演奏活動と後進の指導にあたる。
    故 余吾仁三郎、吉田好美、森下陽子、瀬戸瑤子、ミヒャエル・ヴァイマンの各師に師事
    メッセージ
    ヴィオレット・クァルテット
    http://violett quartet jimdo.com/
  • 加藤 二葉(Kato Futaba)

    学科

    経歴
    愛知県生まれ。2歳よりヴァイオリンを始める。
    名古屋市立菊里高等学校音楽科在学中、第42回全日本学生音楽コンクール名古屋大会及び全国大会第1位、並びに兎束賞・NHK賞・毎日新聞社賞を受賞し、東京サントリー大ホールでの「十代の音楽家演奏会」に出演。
    東京藝術大学音楽学部器楽科を経て桐朋学園音楽学部研究科修了。
    その後、アメリカ・ワイオミング大学音楽学部演奏学科へ給費生として留学し、加藤瑞木と同率首席修了。同校在学中、ソロイスト・コンサートミストレス(加藤瑞木とシェア)として演奏契約を結び、学内外で行われたコンサートやツアーに積極的に参加、同校より記念CDが発売され好評を博した。
    1996年電気文化会館ザ・コンサートホールでのソロデビューリサイタル以来、帰国後現在に至るまで、ソロ・室内楽・オーケストラとの共演など、名古屋・東京・アメリカを中心に非常に精力的に演奏活動を行っている。中でも、実妹・加藤瑞木とのヴァイオリンデュオは、息の合った絶妙なハーモニーを奏でる音楽として非常に高い評価を受けている。
    これまでに、故・近藤冨雄、森下陽子、山岡耕筰、伊藤美佐子、江藤アンジェラ、故・江藤俊哉、Brian Hanlyの各氏に師事し、ヴァイオリニストE.Zimbalist、J.Gingoldなどの奏法研究を行う他、国内外でZakhar Bron、Ruggiero Ricci各氏のレッスンも数多く受講。
    収録放送では「FMリサイタル」・「名曲リサイタル」(NHK-FM)などの他、TV愛知・CBC放送などのメディアにもたびたび取り上げられ、また雑誌「音楽の友」・中日・朝日・日本経済新聞紙上において、その深い叙情性や芸術性を高く評価されている。
    また、1995年より4年間に亘り、東京カザルスホールでのチャリティーコンサート(フィリピンの恵まれない子供たちの為の)のレギュラー出演を務めた他、母校においての出張演奏などの活動も広く行っている。
    現在、名古屋音楽大学・同朋高等学校音楽科・名古屋市立菊里高等学校音楽科、各非常勤講師。名古屋音楽学校講師。また、全日本学生音楽コンクール名古屋大会(加藤瑞木と3年ごとに交代)・日本クラシック音楽コンクールなどの審査員を務め、後進の指導に精力的にあたっている。東海地区クラシック若手指導者の会「奏心会」会員。
  • 加藤 瑞木(Kato Mizuki)

    学科

    経歴
    愛知県生まれ。2歳よりヴァイオリンを始める。
    5歳でソロイストとして昭和天皇、皇后両陛下の御前で演奏し東海TVに出演。
    第45回全日本学生音楽コンクール高等学校の部全国大会第1位、兎束賞、毎日新聞社賞、NHK賞を受賞し、東京サントリー大ホールにて「十代の音楽家演奏会」に出演。1989年に名古屋フィルハーモニー交響楽団と協演しTV愛知にて放送される。そして1993年に再度同フィルと協演し、中日賞及び日本演奏連盟賞を受賞。1999年よりアメリカ・ワイオミング大学音楽学部演奏学科へ給費生として留学し、2001年、同大学を姉・加藤二葉と同率で首席修了し、師Brian Hanly氏ディレクターのもと、ソロイスト・コンサートミストレスとしてワイオミング大学より記念CDが発売され、好評を博している。
    名古屋市立菊里高等学校音楽科卒業、東京藝術大学音楽学部器楽科卒業、アメリカ・ワイオミング大学音楽学部演奏学科修了。
    これまでに、故・近藤冨雄、伊藤美佐子、森下陽子、山岡耕筰、故・田中千香士、江藤アンジェラ、故・江藤俊哉、Brian Hanly各氏に師事し、ヴァイオリニスト・E.Zimbalist、J.Gingoldなどの奏法研究や国内外でAaron Rosand、Ruggiero Ricci、Benny Kim、Zakhar Bron各氏のレッスンを数多く受講。4年間に亘り、東京カザルスホールで行われたチャリティーコンサートのレギュラー出演を務めた他、姉・加藤二葉とアメリカ、東京、名古屋を中心にジョイントリサイタル、また、ソロとしてもリサイタルを数多く展開し、TV愛知、東海TV、NHK-FMに出演するとともに室内楽奏者としてチェンバーオーケストラ、デュオ、クヮルテット、また、カデンツァ(自演)、編曲にも積極的に取り組み、音楽の友、中日、朝日、毎日新聞紙上においてその芸術性を高く評価されている。
    現在、名古屋音楽大学、愛知県立明和高等学校音楽科各非常勤講師、名古屋音楽学校講師。日本クラシック音楽コンクール、大阪国際音楽コンクール、全日本学生音楽コンクール審査員(加藤二葉と3年毎に交代)。精力的に演奏活動を行う傍ら、後進の指導にも力を注いでおり、2008年より東海地区クラシック若手指導者の会「奏心会」の主宰代表を務め、未来ある子供たちのためのコンサートや著名教授陣を招聘した公開レッスン等様々な催しを企画運営し、後進の育成に大きく貢献している。
  • 金沢 昭奈(Kanazawa Akina)

    学科

    経歴
    愛知県立芸術大学ピアノ科を首席で卒業、同大学院修了。
    2010年よりフランスへ渡り、ジュヌヴィリエ地方国立音楽院室内楽科、スコラ・カントールムピアノ上級課程、ボビニー地方国立音楽院ジャズピアノ科をすべて審査員満場一致の一等賞で卒業。
    ピアノを大森静香、笹嶋玉緒、藤井博子、笠間春子、西川秀人、ヴァディム・サハロフ、室内楽を北住淳、上田晴子の各氏に師事。
    渡仏後はクラシックピアノをT.パラスキヴェスコ、ピアノ連弾をJ.M.ルイサダ、室内楽をJ.C.ブブレス、ジャズピアノ・作曲・編曲をV.ヴェンツァキヌの各氏に師事。
    独自の世界観を持つボーダーレスなピアニストとして、日本とフランスを行き来しながら9年間ヨーロッパを中心に活動。
    2019年完全帰国。各地で活動中。
    メッセージ
    趣味で楽しまれる方も専門的に学ばれる方も、ピアノレッスンを通じて発見できることは、自身の人生をより豊かで幸せなものにしてくれると思います。今まで積み重ねてきた様々な経験を活かしながら、皆さんと一緒に「音楽」という芸術をより深く味わい、テクニックや音楽性を磨くお手伝いができますと幸いです。
    オフィシャルサイト
    https://ameblo.jp/pipopakina/
  • 神鳥 しおり(Kamitori Shiori)

    学科

    経歴
    名古屋音楽大学器楽学科ピアノ専修卒業。
    ピアノを隈本浩明、小林真人、(故)徳田葉子、田中孝子の各氏に師事。

    音楽療法の勉強中にオカリナと出会い、セッションに取り入れる。その後、本格的な演奏を学ぶため、オカリナ奏者大沢聡氏に師事。

    2016年、トリプルオカリナ(ソロ) にて第8回岐阜国際音楽祭コンクール管楽器部門 専門コース一般Ⅱ第1位。併せてジャーナリスト特別賞受賞。
    翌年、Trio L’amore(トリオ ラモーレ) (トリプルオカリナ2本とピアノ) にて、国際芸術連盟主催 第5回名古屋音楽コンクール 室内楽部門第2位を受賞。

    現在、Trio L’amore、Duo L’amoreの活動を展開中。 名古屋音楽学校ピアノ講師・オカリナ講師、大沢聡認定講師、岐阜県音楽療法士。国際芸術連盟専門家会員。
    メッセージ
    ピアノを弾く事の楽しさ、オカリナを吹く楽しさを皆様にお伝えできれば幸いです。オカリナは楽器選定からご相談させていただきます。
  • 川田 健太郎(Kawada Kentaro)

    学科

    経歴
    東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校卒業後、チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院本科卒業。ロームミュージックファンデーション海外派遣奨学生。第14回かながわ音楽コンクール第1位、第1回青少年盛岡国際ピアノコンクール第3位、第4回東京音楽コンクール第3位、第15回ラフマニノフ国際ピアノコンクールファイナリスト等、国内外のコンクールの受賞を機に、学生時代より活発な演奏活動をスタートさせる。
    これまでにソリストとして、東京フィルハーモニー交響楽団、東京ニューシティ管弦楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、群馬交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団など、日本の主要なオーケストラと共演。活動の場は幅広く、映画「のだめカンタービレ最終楽章」、ルパン3世「グッバイ・パートナー」、NHKドラマスペシャル「心の糸」、NHK &ルーブル美術館共同制作8Kテレビ「ルーブル〜永遠の美〜」、「ルーブル美術館〜美の殿堂の500年〜」等、近年は映画、CM、ドラマ、アニメ、ミュージカル等の劇中ピアノ演奏、手元吹替演奏、演奏指導を数多く担当するなど、様々な音楽シーンで活躍。
    クラシック音楽の枠にとどまらずNAOTO、辛島美登里、倉木麻衣、三浦大知、家入レオ、中村中、松下優也、中川晃教などのアーティストとの共演等、ジャンルを越えたフレキシブルな活動を展開している。
    NPO法人 芸術・文化「若い芽を育てる会」理事。全国各地での演奏活動の傍ら、名古屋芸術大学講師。
  • 河内 桂子(Kawachi Keiko)

    学科

    経歴
    名古屋市立菊里高等学校音楽科
    武蔵野音楽大学器楽科ピアノ専攻卒業
    メッセージ
    美しい音と和声で作品を表現出来る様、学んでいきたいと思います。
  • 菊谷 全子(Kikutani Masako)

    学科

    経歴
    愛知県立明和高等学校音楽科卒業
    武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科(ピアノ専攻)卒業
    ジョイントリサイタル、ソロリサイタル、室内楽・ピアノ協奏曲の公演多数
    バッハ・ベートーヴェンの原典演奏の研究を長年に渡り続けており、主宰する録音会「Tempest」に於いて、チェンバロでバッハ「平均律クラヴィーア曲集」第一巻・第二巻、フォルテピアノと現代のピアノでベートーヴェン「クラヴィーアソナタ」全曲を録音。並行してピアノ曲、室内楽曲を多数手がけ、近年は自筆譜の研究及び演奏を積極的に行っている。
    ピアノ、チェンバロ、フォルテピアノ奏者。
    吉田郁子、市田儀一郎、福井棠子、広瀬太一の各氏に師事。
    メッセージ
    音楽は全ての人々に平等に人生の喜びを与えてくれます。
    ためらわず扉を叩いて下さい。共に学び共に歩んでいきましょう。
  • 菊池 タカミ(Kikuchi Takami)

    学科

    経歴
    名古屋市立菊里高等学校音楽科卒業。
    桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻卒業。
    メッセージ
    幼児から大人まで、レベルに合わせたきめ細やかなレッスンを心がけております。
  • 北床 宗太郎(Kitatoko Sotaro)

    学科

    経歴
    1980年生まれ。3歳からピアノ、5歳からバイオリンを始めクラシックを学ぶ。法政大学入学後、ジャズ研究会に入部しジャズバイオリンに出会う。 2005年横浜ジャズプロムナードにて「ベストプレイヤー賞」含む3部門(その他、ライブハウスのオーナーが選ぶ「ジャズクラブ賞」、観覧客が選ぶ「横浜市民賞」)受賞。 2013年1stCD「Night & Day」2017年2ndCD「C’est si bon」をリリース。ジャズスタンダードをはじめ、ライフワークである童謡のジャズアレンジや、ライブで人気のオリジナル曲を収録し好評を得ている。2007年より弦楽器奏者中心のジャムセッションイベント「バイオリン・セッション」を主宰。東京・名古屋・大阪・静岡・栃木・福岡・広島などでジャズワークショップを行い、地域の弦楽器奏者に対してジャズのアドリブやポピュラー音楽の演奏方法を知るきっかけとしてその機会を増やしています。
    国際的に活躍するジャズバイオリニストからも「プレイヤーとしてだけでなく、教育者としても日本で最も重要なジャズバイオリニストの1人」(クリスチャン・ハウズ・アメリカ)
    「バイオリニストとして稀なジャズ特有のタイミングを極めた逸材」(ティム・クリップハウス・オランダ)と評価を受けている。
    オフィシャルサイト
    https://www.sotarokitatoko.com/
  • 北床 真理子(Kitatoko Mariko)

    学科

    経歴
    武蔵野音楽短大卒業
    これまでに弦・声楽の伴奏者として活動
    メッセージ
    生徒さん一人一人のご希望に沿った楽しいレッスンを心掛けています。
  • 日下 久美代(Kusaka Kumiyo)

    学科

    経歴
    5歳から15歳までヤマハ音楽教室にてピアノと作曲を学び、JOC(ジュニアオリジナルコンサート)にて様々な活動を行う。
    ヤマハピアノ演奏グレード3級、及び指導グレード4級取得。
    金城学院高校卒業。名古屋音楽大学ピアノ専攻卒業。同大学定期及び卒業演奏会出演。中部読売新人演奏会出演。

    これまでにソロコンサートをはじめ、セントラル愛知交響楽団とコンチェルト共演、宗次ランチタイムコンサート、その他声楽及びコーラス伴奏者としての演奏活動、老人福祉施設や保育園などでボランティア演奏も行っている。
    藤井博子、佐野翠、伊藤仁美の各氏に師事。
    現在名古屋音楽学校講師、ヤマハ楽器店講師、ヤマハコンサートグレードアドバイザー、フラウエンコーア飛島伴奏者、日本ピアノ教育連盟会員。
    メッセージ
    嬉しい時も悲しい時も音楽は癒しを与えてくれます。ピアノのレッスンを通して、ピアノの魅力や音楽の楽しさや面白さがお伝えできるように心掛けております。
    お子様から大人の方まで、それぞれの目標や御希望に合わせてレッスンいたします。
    勿論グレードテストの対応もいたします。ジャンル問わず、クラシック以外も柔軟に対応させていただきますので、是非御一緒に楽しみませんか。
  • 工藤 雄司(Kudo Yuji)

    学科

    経歴
    岐阜県瑞浪市出身。岐阜県立中津川工業高等学校吹奏楽部にてクラリネットを始める。
    名古屋芸術大学卒業、同大学研究生修了。2010年9月より渡仏。2011年6月にÉcole Normale de Musique de Parisの音楽演奏過程を修了。2011年7月、Académie Internationale de Courchevelに参加し、Romain Guyot氏の指導を受け、2011年8月に帰国。現在、フリーのクラリネット奏者としてソロや室内楽を中心に活動中。
    三重県立白子高等学校 文化教養(吹奏楽)コース、名古屋音楽学校 クラリネット講師、名古屋市小学校部活動外部顧問・指導者、岐阜県立中津商業高等学校 吹奏楽部 非常勤講師、関市部活動指導員、クラリネット協会・名古屋 理事。マスターズ・ブラス・ナゴヤ、かるクラ・ウインド・オーケストラの各メンバー。2018年12月にレパートリーをまとめたCD、「Couleur claire」をリリース。
    これまでにクラリネットを小出紀仁、小松孝文、竹内雅一、品川政治、加藤明久、Guy Deplusの各氏に、室内楽をClaude Lelong氏に師事。
    オフィシャルサイト
    https://kudorinclarinette.com/
  • 倉内 久美(Kurauchi Kumi)

    学科

    経歴
    愛知県立芸術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。
    佐藤恵子、山崎晴代、松野稀一の各氏に師事。
    ソロリサイタル、ジョイントリサイタルの他、地元四日市交響楽団とピアノコンチェルトを共演。室内楽やDuoリサイタルなどアンサンブルのコンサートにも多数出演。
    合唱団、声楽や器楽の伴奏者などつとめる。
    メッセージ
    子供から大人の方まで、それぞれの目標に合わせて丁寧に指導させて頂きます。
    素敵な曲が弾けた!という喜びを感じられる様、共に学んでいきたいと思っています。
  • 倉橋 由紀子(Kurahashi Yukiko)

    学科

    経歴
    愛知県立芸術大学音楽学部器楽科(ピアノ)卒業。愛知教育大学大学院修了。
    99年チェコ(AMU)にてプラハサマーアカデミーに参加。ファイナルコンサートに出演。
    06年スイス国立チューリッヒ音楽大学マスタークラス修了。
    KAWAI室内楽シリーズ、セントラル愛知交響楽団主催「コンチェルトの夕べ」に出演。
    テレビ愛知主催「トヨタホーム名古屋 New Artist Classic Stage」にてソロリサイタル開催。
    メッセージ
    レッスンを通して音楽の楽しさが伝わればと思います。
  • 栗木 直美(Kuriki Naomi)

    学科

    経歴
    名古屋市立菊里高等学校音楽科卒業
    愛知県立芸術大学音楽学部ピアノ科卒業
    これまでに阿部郁子、柳澤恵子、宇都宮淑子、各氏に師事。
    全日本ピアノ指導者協会指導会員
    ピアノ指導の他に県立高等学校非常勤講師も勤める。
    メッセージ
    お子様から大人の方まで、趣味から音大受験まで、いろいろな目的に合わせご指導いたします。
    音色の豊かさ、曲想の表現等の奥深さを感じて頂けるよう心がけています。
    ピアノを弾く楽しさが、喜び、活力となり、時には心の支えになることを願っています。